衣類のリペアアカデミーに受講された主婦の方から申込書と一緒にお手紙を頂きました。(今回の内容はご本人に許可を頂き匿名で書かせて頂きます。なぜなら凄く大事な真実がこのあとに含まれているからです。)

このお手紙を頂き、責任の重さとやり甲斐を感じました。

ご本人と電話でお話してより詳しく知りました。お一人でお子様3人をこれから育てていかなければならない状況とのこと。

以前から好きだったミシン仕事で生計を立てていきたいとのこと。

はじめ内職で小物の縫製の仕事をしました。ところがどんなにがんばってもとても生活できるレベルまでいかない!

【縫製の内職は賃金が安いのです!】

なぜなら技術はいらない、ミシンさえ縫えれば誰でもその日からできる単純作業で頭を使わない、労働力提供だけの仕事。誰でもできる仕事は賃金が安いのです。しかも、何年やってもキャリアアップできない。

もちろんそれでも家庭で内職で稼げるだけで家計の足しになるからありがたいという人には大変よい仕事だと思います。

しかしこの仕事だけで家計をやりくりするのは今の時代では困難だと言わざるおえません。

当社の内職さんが昔、縫製の仕事を毎日休みなくがんばっても月に5万円くらいの工賃にしかならなかった、しかし当社の内職をしたら同じ仕事時間で10万円以上稼げるようになった!と、言われたこと事があります。

実は縫製とリフォームは似てますが全く違う仕事なのです。

縫製は言われたとおりミシンを走らて縫うだけ。

リフォームは一点一点違う品物を解いて頭を使って、寸法直ししたり、破れをまた着用できるように工夫して修理したり、実はクリエイティブな仕事なのです。

技術力が必要になる!これが内職工賃の高い理由です。本当に技術力がありベテランの職人さんはパートにいくよりも効率よく稼ぎます。

今の御時世、AIが人の仕事をどんどんこなし、人の仕事がこれからますます減ってくるといわれています。

さらに不況!淘汰の時代…

生き残っていけるのでしょうか?

深刻な話ですみません。

でも間違いなくそのような時代になってくると思います。

では生き残っていくためには誰でもはできない仕事!人々に喜ばれる仕事!

やり甲斐と努力すれば実益(収入)をしっかり得られる仕事を選択するべきだと思います。

その中の二つが【衣類のリペア技術】【靴鞄のメンテナンス技術】です。

そのためにこのレッツリフォームアカデミーリフォーマー養成講座はこれからもこのようなミシン好き、洋裁好きまたは靴鞄のメンテナンスが好き!

一生涯稼げる技術を身につけたい!

方には最適だと思います。

AIには絶対できない、不況に強い、なくなることはありえない!リスペクトされる!貴重な価値ある仕事になると思います。

最後にこの主婦の方の教材提出の資料です。(本人の許可を得て投稿)

凄い努力と気迫を感じました。

リフォーマー認定試験はなんと99点!

お見事でした。この努力と才能を開花してもらえるよう今後もサポートさせて頂きます。ご一緒にがんばりましょう!

【自分の仕事がなくなるはずがない、自分は淘汰されるはずがない!】

業界の繁盛期を体験した人は無意識に思ってしまいます。

私が体験してきた業界の事を説明させて頂きます。

先ずは繊維産業、私の子供の頃は家の近くにも小さな個人織物工場がいくつもあり、毎朝から夜までその機械のカシャカシャなる音が聞こえてきました。

繊維産業全盛期は国内で織物をほぼ100%作っていたそうです。ところがその産業が中国に移行して小さな織物工場はどんどん消えていきました。

私の祖父は紳士服の仕立業でした、父も家業を継ぎました。昭和初期から中期が全盛期でした。今までスーツを着たことがなかった人達が皆こぞってスーツを新調しはじめたからです。ところが後期になると紳士服の大量生産低価格販売が始まりあっという間に衰退してきました。

危機感を感じた父は紳士服の仕立業から洋服の直し業に切り替えました。母が婦人服の仕立ができたから直ぐに大繁盛しました。全国的に同じ流れが起きていました。ところがファストファッションとよばれるカジュアル、リーズナブルな衣類が普及されはじめました。徐々に洋服の寸法直しが減ってきました。

その頃、父が若くして亡くなり私が家業を継ぐことになりました。その時はまだ凄く繁盛していてこの業界が衰退するなんて夢にも思いませんでした。

ところが私が継いで2〜3年で全盛期の売上の半分近くまで売上が下がってきていたのです。それでもまだ忙しかったから(人手を減らしていったから)淘汰なんて言葉すら浮かびませんでした。

繊維産業も仕立産業も99%以上淘汰されていたのに洋服の直しは大丈夫だと思っていたのです。

ところがどんどん売上は減るばかりでお金のやり繰りも厳しくなってきました。

なぜこんなにがんばっているのに、こんなにすばらしい技術、サービスを提供しているのに売上は下がっていくばかりなのか?

結局、この洋服直し業もたった40年くらいで80%以上は淘汰されていきました。

私がかろうじて生き残れたのは、洋服直しは寸法直しがメインでしたが衣類の修理に着目してその技術を試行錯誤で開発し低料金イージーリペアサービスを提供する事ができたからです。

ところがさらに淘汰の波が押し寄せてきました!

私は窮地に立たされましたが関連する靴、鞄の修理に目をつけ勉強し、新たにリーズナブルなリペア、メンテナンスの手法を開発しなんとか会社を立て直し生き残る事ができました!

いや、今のところできている!と、いうのが正しい表現だと思います。

全ての業界は時代の移り変わりでいつか必ず淘汰される!人も淘汰される!

私が今、大きく関わっているクリーニング業界は淘汰の真っ只中です。しかし、まだ新しいアクションを起こせていない人達がほとんどです。

私はこの理由を肌で感じてわかっています。(この理由については次回のブログで書きます。大変書きにくい事もありますが)

衣類のリペア、靴カバンのリペア、メンテナンスはこれから繁盛期を迎えます!

いや、そのようにしていくためレッツリフォームアカデミーはそこで活躍できるリフォーマーを育成していきます。

人材がいなければ繁栄する業界はできませんから!

クリーニング業界が生き残る方法は簡単です。トータルファッションメンテナンスを目指せばよいです。

しかし、簡単だけどそんなに簡単ではない理由を次回、辛辣に書かせ頂きます。

先日、私のオンラインセミナーでこう語って下さった方がいました!

「生き残る者は力が強いとか頭が良いとかではない、変化を感じ変化に対応していくことだ!(ダーウィンの進化論)」

そのとおりだな〜