前回の投稿で川上をよく見ることが大事と書きました。

自分で書いてできていないことが2つあると感じていたので今回は先ずはその一つです

テレビの特番で見て衝撃を受けていた

ワークマン女子

あまりにもよいクオリティのわりに安すぎる💥

女子だから自分には関係ないと思い込んでしまっていたが実はそうではなかった!(仕事柄関係ないわけない😅)

お店に初めて入りました、なぜか男性もたくさんいたので入りやすかったです😅

店内はやはり衝撃の嵐🌀🌀🌀

なんと女子のお店と思っていたら男性ものが2〜3割はありました!店員さんに聞くとなんとこれらは男女兼用とのこと😨

なんとそこには若者ではなく私のようなおじさん、おばさんもたくさんいて次々購入されていました

デザインもオリジナリティあるまさにワークマンっぽい活動的カジュアル、大半が化学繊維もちろんストレッチ素材も多くポリウレタンがフル活用されていました

だからシワになりにくくもちろんすべてが家庭洗濯可能品😓

しかし修理は発生するでしょうとよく見ていくと縫製も布もすばらしい😨

しかも信じられないくらい安い🔥

おそらく破れたりしたらすぐに廃棄し新しいものを購入してしまうでしょう

私も一着ジーンズっぽいパンツを購入してみましたがポリウレタンが25%も入っているからノビノビ、なんと驚くほど冷たい−5℃(書いてあった😆)すばらしい縫製、なのに税込み2900円って🔥ありえない!

でもほとんどの人は私のように興奮して購入しているわけでなく普通に買っていました

これが最も恐れていることです☠️

こんなに良い服がこんなに安くできるはずがない、どんな経営努力しても不可能だと思います

製造者はどんな過酷な条件で作られているのだろう?製造現場を見せてほしい

安くて良いものはどんどん売れるでしょう

しかしその歪みはますます拡大してしまうでしょう

ワークマン 女子 恐るべし

川上を知り対策をうっていかないと!

この注意事項 ラベルにもびっくりしました すごい リスク回避🤯永久保存って!!

ポリウレタンのことが書いてないのは長年は着ないことが前提なのかな?まさにファストファッション文化が浸透している証拠だと思いました

次回は真逆の事例を紹介します、ご期待ください😊

あまり知られていないと思いますが欧米では 繊維製品の洗浄及び各種ケア産業として【テキスタイルケア】があります。

この産業の提唱者であり 代表理事の住連木先生の講義を改めて受講しました。

繊維や加工の歴史から様々な知識を勉強させていただきました。

住連木先生は同時に今話題のサステナブルファッションについてもう30年以上前から提唱されていました。

▶▶▶ファッションサステナブル品質三原則

これが世の中に普及していたら日本の衣生活、文化はもっとエコロジーで優雅な良識ある文化になっていたと思います。

今の使い捨て文化になってしまったのは間違いなく衣類を守るべく産業の勉強 努力不足だと思います。

知らないからケア、リペア、メンテナンスできない!

なぜやらないか?それは 利益に繋がらないから 儲からないから….

もちろん住連木先生はそのことに心を痛めていたのでテキスタイルケア産業立ち上げのためにご尽力されていました。

しかし 既存の産業、勢力に潰されてしまいました!

その団体はあえて書きませんが

生活衛生産業内でテキスタイルケアサービスまでやっているから必要ない、諸々の問題が生じるから迷惑との見解でした。

私もこの産業にトータルファッション メンテナンスを長年 提案してきていますからよくわかります。

楽して稼げていた時代を知っている人たちは 既得権を失いたくない、新しいものに抵抗を示す、粗探しをして潰そうとする!

どの産業もそうかもしれませんが日本が経済成長し続けられなかった理由の一因ですね。

そこを打破できなかった!

それがテキスタイルケア産業が社会的に確立できなかった理由だと思います。

テキスタイルケア産業を否定した現産業は衰退の一途、斜陽産業になっています。

もはやその産業だけで復活する見込みはないと思います。

テキスタイルケア産業の創設も最早、難しいと思いますが!?

住連木先生のファッション エコロジー、サステナブル ファッション、そして衣類に対する深い知識と想い、志は私だけでなく 多くのクリーニング業界関係者に受け継がれていくと確信しています。

そうならなければ人類は使い捨て文化で必ず滅亡の危機に瀕すると思います。

最後にテキスタイルケア産業の構想図をご覧下さい。

幻のテキスタイルケア産業✨

昨年はコロナ禍で行われた
▶▶▶クリーニング全国展示会に参加しました。(昨年書いたブログ)
過去最低出展企業、来場者でした。

しかし同時期に行われた▶▶▶サステナブルファッション展示会(昨年書いたブログ)の出展企業、来場者には本当にびっくりしました。
あまりにも桁違い!

アパレル業界も厳しいはずなのにコロナ禍を諸共せず、明るく元気なのはなぜだろう?
チャンスを求めて集まるのだろう?
そこはさておき!
では衰退産業だと思われているクリーニング業界から今年もレッツリフォームそしてクリーニング業界では大手商社のカミナガ販売様と共同で今年も出店致します。(昨年度の3倍のブース)
なぜこんな投資をして参加するかといえば昨年度の成果が物凄くよかったからです。
それだけでなくアパレル業界にメンテナンスを意識して頂けるようにするためには最高のプレゼンの場所、チャンスだと思ったからです。アパレルもサスティナブルは最重要課題であるはず、アパレル業界でもメンテナンス関連サービスや商品を探している、一般消費者も自分でできるメンテナンス法やグッズを探している!これは家庭洗濯の進化、普及ではっきりしていることですが、ここにチャンスがあると思います。
さらにメンテナンス意識が高まれば自分でできないものはプロに頼んでまた愛用、愛着したいという意識も高まると思います。これこそが本当の目的です!
レッツリフォームは簡単靴洗浄とそのミラクルな仕上げ法のプレゼンそしてアカデミーオンライン講座のご案内です。
カミナガ販売様は他にも様々な染み抜き剤、洗剤、仕上げ剤をプレゼンします。
実演がメインだから今年も人集りまちがいなしです。
アパレル業界そして一般消費者にメンテナンスの風穴をあけることがミッションです。
サステナブル社会に絶対必要なメンテナンス、クリーニング業界にはチャンスがあるはずです。
しかし社会は勝手にわかってくれません!
わかって頂くためには努力とマーケティングが必要です。そのために最高のイベント【サステナブルファッション展示会】ご来場されませんか?
楽しく元気になれる、そしてチャンスがたくさん見つかると思いますから!
サスティナブルファッション展示会でお会いしましょう〜?

一度にこれだけの展示会に参加できる10/18〜10/20