ファッションメンテナンス産業の筆頭はやはりクリーニング業界だと思います。

しかし、全盛期(25年くらい前)の8000億円以上だった市場が現在2500億円位まで落ち込み、衰退した理由は?

服が変わった!からだと思います。

当時のクリーニング事故の最も多かった理由は縫製不良です。「洗ったらホツレた、破れた!」

しかし、現在は劣化による事故が断然多くなりました!

繊維はそんなに短期間で露骨に劣化しません。唯一の繊維、樹脂以外は!

服の外観はそんなに変わってないように見えませんが実は中身が変わってきているのです。

30年前より100倍以上服に使われるようになった繊維、樹脂があります。それは、、、

【ポリウレタン】(PU)です!

伸縮性、弾力性、軽量、接着機能、防(風、水、寒)機能を出せる、安価、メンテナンス性がよい等により

ファストファッションを生み出し繁栄させ今ではフォーマルウェアにもたくさん混入されています。品質表示には記載がなくても複合繊維、ボンディング、ゴム、接着、コーティングされたものは全て入っています。(表示義務は?)

ファストファッションは超大企業が出現しアパレル業界の大半を占めるようになりました。

と、同時に普及したものがあります。

【家庭洗濯】です。この繊維が入った服はシワになりにくく、型崩れもしないような芯も使われていて、家庭の洗濯機で洗えてアイロン整形がいらないからです。

しかし、良いことばかりではありません!

この繊維、樹脂だけが起こす劣化現象があります。加水分解といわれて樹脂の製造から(服ではなく)3〜5年で劣化がはじまり10年以上は分子構造が保てなくなる!(PUでも様々な種類があり一概にはいえない)しかし、衣類ではほとんどこの寿命です。

品物の耐用年数は商品価値の最も重要な要素でしょう。それが明記されていない。メリットだけセールスアピールしてデメリットを言わないのは宜しくないと思います。

さらにメンテナンスフリーとか家庭洗濯できるとかメリットを強調していますがこのPU入の品物は汚れが繊維に染み込んだら取るのは困難、黄ばんできたり変色したらそれは除去不可能でしょう。

実はメンテナンス性がよいというのは1局面でしかないのです。

素材の寿命、耐久性、メンテナンス性からも長く着用できる服ではなくなってしまいます。

この問題を放置してきた結果が現在の大量生産、廃棄!環境破壊の産業、第二位がアパレル業界といわれる理由だと思います。(一位は石油化学産業)

クリーニング業界は20年前と同じ洗い方、受付の仕方をしています。もちろん進化している業者さんもいますがほんの一握りです。

全く別物になった服を同じ方法で受付、メンテナンスしているのですから事故が発生しないほうがおかしい。または危うきものは全てお断りコース!これで消費者の信用を得ていくことは難しいです。

さらにこの事故は製造側の責任なのにクリーニング業者が事故の責任を負っているケースがほとんどです。

もちろんPUのメリットはすばらしいです。しかし、デメリットも告知した上で選択して頂く事がこれからのサスティナブルファッションに大切な事だと思います。

レッツリフォームはメンテナンス業者様にこの事実に気づいて頂き、受付、メンテナンス方法さらにリペアの方法までアドバイスさせて頂いております。

レッツリフォームの

【ポリウレタン、合成皮革、受付プレゼンセミナー】

開催してください。またご参加下さい。

これからメンテナンス業界が発展しないとSDGsは達成されないと思います。

技術と生産性はセットにしなければ

仕事(ビジネス)にはできない!

ベテランの職人さんでも手が遅い人は生産性が低くて雇えない、使えない。

技術は大したことくても手が早く生産性の高い人は戦力になる!

高技術は高料金にしていけばこの課題は解決されると思われますがそうも簡単にはいかない難しい問題です。

以前なんとレッツリフォームのホームページブログでこのような露骨な事を書いていました。😓

しかし、改めて読み返して、これからこそ大事な事だと思いました。

物凄く大事な事だと思います。

ぜひご覧下さい!

▶▶▶技術と生産性

これを意識しないで仕事したら必ず淘汰される!

仕事=生産性=皆様の利益

お忘れなく!!

【第四回目の衣文化革命が起こる!】

いや起こらなければ人類は衣文化で存続の危機に陥ってしまうと思います。

世界がこれだけサスティナブル、SDGSと叫ばれ、日本でも環境省、消費者省でも凄いホームページもできて啓蒙されているように一般に知られているより衣類の大量生産廃棄問題は環境負荷に多大な影響を与えています。

ここで近年最初の衣文化革命から書いていきます。

第一!江戸時代から明治〜

和服から洋服に変わった事です。国民全員が洋服を着だしたからとんでもない需要が起こりました。昭和になると一般市民まで洋服を仕立てるようになり洋服仕立て業界ができました。祖父はここで大繁盛しました。

次に第二!既製品が作られ洋服が安く買えるようになった事です。昭和50年頃からです。高価な仕立て服を買えなかった人達が既製品を買い出し、青山さん、青木さん、はるやまさん達、婦人服ではレナウンさんなど大繁盛し大企業になっていきました!

と、同時に新しいサービスが生まれました。既製品は体にピッタリ合わない、だから寸法直しの需要が生まれました。

父はここで仕立て屋から洋服寸法直し屋になって大繁盛しました!

同時期にクリーニング業が出現して大きな産業になっていきました。

第三!平成になり、フォーマルからカジュアルへ、そしてファストファッションがアパレル業界の大半を占めるようになりました。ご存じ世界的大企業が日本からも出現しました。

スーツを着る人が激減、安くファッショナブル(流行的)な伸縮素材(ポリウレタン入り)の服が大量生産されるようになりました。

ここで人類にとって深刻な問題が起こってしまいました。温暖化の原因もここにあるのだと思います。

【大量生産消費廃棄】が人類を滅ぼす!

と、言っても過言ではない状況になっています。

そしてまだ起こってはいませんが

第四の衣文化革命が起こる、起こさなければならないと思います。

極論ですが必要最小限の消費にしていく!と、いうと経済がダメになると反論があるでしょう。

いや、新しくメンテナンス、リフォーム、リペア、リサイクルなどのサービスで経済が活性化すればよいのではないでしょうか。

社会が人類がサスティナブルに幸せになるべき産業が栄えていく事が事業のミッションだと思います。

これから服は正当に高くなっていきます。そして服の廃棄は有料化になるでしょう。

消費者は自分にあった服を、そしてできるだけ長く着用できる服を選び、そしてメンテナンス、リペア、リフォームして、できるだけ長く愛着、愛用できるようにしたいと思われるでしょう。

第四の衣文化革命は

【サスティナブルファッション】です!

もちろん最後の第四の革命はレッツの妄想です。(笑)しかしそうなることを願い準備していきます。

リフォーマーが活躍する時代になると信じて!!

貴方もリフォーマーになりませんか?

環境省ホームページから抜粋(シェア推進されています)

前回のアパレル業界の闇…

中田敦彦さんのユーチューブ番組は衝撃でした!

国内で縫製されている会社はどうなんだろうか?

知り合いの学生服を製造されている方に伺ってみました。以下がコメントです。(御本人の許可を得て匿名で投稿させて頂きます。

『私の身近なところでは学生服です。これこそロット数が少なく国外生産できないものです。それなのに学生服が高い!もうけ過ぎてるとの声が・・・製品のできるまでの仕組み、工程などちょっと考えればわかることなのに、ただただ高いって酷いで              制服安くしたいのなら全国統一の制服にすれば安くできますよね、でも、それは否ってわがまますぎます。            衣類のことでなく安いものを求めて続けていれば自分たちの首を絞めているってこと氣がついてほしいです。』

(私)なるほど〜って思いました!さらに〜

『マンモス校もあれば1クラスしかない学校もあります。            男女で制服違いますし、一般的に男子は上衣、スラックス。
女子は、上衣、ベスト、スカート。リボンやネクタイがある学校もあります。ネクタイも男女でサイズが違う場合もあります。夏服も含めてかなりアイテム数です。

そこで更にサイズ展開がありますので、上衣145Aから 190Aでも10サイズ。これにA B体やB体もあります。
スラックスはW64〜W110までとして15サイズ。スカートはWサイズと丈がありますから、ものすごい数のサイズ展開です。

あっちゃんの動画にもありましたが、メーカーは品切れがNGなんです。
特に学生服は入学式に間に合わないとアウトです😥
ですからメーカーは備蓄量を増やします。

特に高校は合格発表から採寸納品までの日にちがタイトすぎるのです。

これで安く作るって不可能ですよね。

消費者は値段にフォーカスし過ぎです。

値段ばかり氣にするならば、どうしてこの値段なのか少し考えるだけでも世の中違ってくると私は思います。         熱く長くなってしまいすみません😥』

『価格は県や地域などで大きく違うと思います。                例えば商圏で何軒か同じ制服を扱っているとするとお客様を獲得するために価格競争があります。
そういった場合は利潤を少なくして販売店が泣くか、メーカーに安く作らせるかです。
どちらにしても泣く人がいます。

セーラー服や学ランに関しては定番品を導入している場合は、ロット数が多いので海外でも作れます。

海外生産の場合は労働者が泣いている場合もありますよね。

昨年、生地メーカーが15%の値上げをしました。
学生服の生地って1メートル3000円くらいするのです。

父兄の立場になってみると、確かに制服は高額だと思います。          私は国で補助してもいいのではないかと思っています。

もしくは制服廃止。

でも、制服廃止の方が学校としてはリスクが多いのではないかと。』

以上です!

この方は凄い縫製、リフォームの技術もお持ちの方ですから、学生服のお直しもサービスの一環として強みを出して凌いでいるとの事です。

やはり切ない現実があるのですね〜😢

消費者が安いものを求めるのは仕方なく、当然だと思います。

しかし、その過程に虐げられている人がいたらそれはよい経済とはいえないと思います。

日本には最低賃金制度がありますが、販売されている商品はそれをほとんど守って作られてはいない!(海外の最低賃金制度も含めて)

それを見てみぬふりして、国内製造の最低賃金を上げていくのはあまりにも理不尽だと思います。

アパレル業界だけでなく日本の中小企業がやっていけなくなると思います。

コロナ禍でこれからますます景気は厳しくなっていくでしょう。

日本の中小企業は生き残っていけるのでしょうか?

正しいく強い政治が行われなければ日本は弱体化し、どこかの国の属国となってしまうと思います。

話が飛躍してしまいましたが先ずはアパレル業界の製造現場を公開してジェノサイドなど行われていないか?

確認していくことからはじめていかないといけないと思います。

有り難い体験談を頂きました。
ご本人さんの許可を頂き投稿させて頂きます。

お一人目は浜松市在住、40歳代、主婦

『2年ほど前に家庭の事情やコロナもありパートを辞め、しばらく専業主婦になっていました。
そんな時にこのレッツリフォームアカデミーで学べる事を知り、先生の理念にも共感しました。
元々何か作ったり、服や靴や鞄の手入れが好きだったこともあり、学んでもっとちゃんとできるようになりたい!今後に活かしたいと思い受講しました。
知らなかった事がわかりやすい動画でたくさん学べ、実践してみてワクワクしました。できないと思っていた事も、こんなリペア方法があるんだ!と感動しました。
どうしたら良いかわからない時も質問して丁寧にアドバイスが頂けたりするのもとても心強かったです。
このアカデミーで学んだ事により、気に入って使っていた物の寿命を、さらに延ばしてあげられる事でより愛着も深まり、さらに長く使えますし、捨てられる物が減ると環境にも、お財布にも優しい…。
そして、こうして手に職を付けることは自分の糧になるのだと思い、いつか仕事に繋げられたら良いなと思っています。』
Sさんありがとうございます!将来に繋げていただけるよう今後もサポートさせて頂きます。

もうお一人は山口県、30歳代、男性
自筆のお手紙を頂きました。

Uさん、ありがとうございます。これからご一緒にサクセスストーリー築いていきましょう!

しかしリフォーマーは圧倒的に不足、そして今後どんどん少なくなってしまいます。

貴方もリフォーマーになりませんか?

受講生(同志)募集中!!

昨日は某販促勉強会ライングループのオンラインセミナーに参加させて頂きました!
一日で3部、トータル80人くらいの人達と交流させて頂きました。ありがとうございました。
販促、経営を学んでいらっしゃるグループだけあり、またがんばっている人達はこのコロナ禍でも凄い実績をあげられていらっしゃいますね!
しかし、業界全体では1%未満だと思います。
技術を一生懸命学んでも利益は出せない!
販促、経営が伴わなければ!
気づいて頂きたいことがあります。
販促、経営は普遍のもので時代に合わせ学ぶ事ができます。
しかし技術(サービス)は一朝一夕ではいかないし、今までよかったけど必ずいつかダメになる、そして新たな技術が必ず生まれる。
だから今までの技術(サービス)に執着していたら時代から淘汰される!と、思います。
例えば私の知り合いで30年前にカケハギで儲けて自社ビルを建てた人がいます。
洋服直し会社で地元の長者番付にのった社長もいます。
ともに今は会社ほぼ廃業しています。
売り方も、技術も学び続けなければ生きてはいけないと思います。
行動してそれを形にしていかなければならないのが経営者ですよね!
大変だなぁ〜😵‍💫
そこに同志がいるか?が、大切だと思いました。
レッツリフォームアカデミーはヤル気満々のモチベーションMAXの成功者グループになりたいと常々思っております。貴方もぜひご参加ください!

レッツリフォームアカデミーリフォーマー養成講座を主催し、技術をラインナップしてからはや3年!

多くの技術を独自の動画サイトに収録したと思ってましたが、受講生さんからのご質問やお客様からの難題(笑)で新たな技術がどんどん開発され、増えています。

なんと3年間で1.5倍になりました。けしてだし惜しみしていたのではなく、ご質問でだし忘れに気づいたり、難題にあたり今までのキャリアを駆使して新たな技術をマニュアル化したり、どんどん進化しています。

しかし、やはり基礎が大事!

リペアは多種多様なニーズがあり応用力が必要ですが基礎の知識や技術がしっかりできていなければ絶対にお客様からのニーズに対応していけない!

だからこそ基礎の確認のための試験も行っております。

誰もが難しく、華やかな技術を求めてしまいますが、

お客様からのホツレ直しに「さすがきれいにプロは直してくれてある!

お客様の靴を「さすがプロに頼むときれいになる!」

と、リスペクトされてこそ様々なご依頼に発展してくると思います。

ちなみに一般的にムリだと思われているダウン製品の修理も本年度版の新たなダウンリペアノウハウでクリアされています。(衣類のリペアコース)

新たな技術として合成皮革復元ノウハウもどんどん極めたノウハウに進化しています。(靴鞄コース)

新たな技術としてダウン製品ツヤ復元ノウハウも完成しました。

ツヤがなくなったダウンジャケットなどもツヤを復元します。(靴鞄コース)

レッツリフォームアカデミー、リフォーマー養成講座はどんどん進化します。

ぜひ貴方もこれからの社会に必要なファッションアイテム、リペアノウハウ、技術を習得して下さい。

※衣類のリペアコース、靴鞄メンテナンスコース、各38000円(税別)

※令和4年1月から58000円(税別)

一生涯の技術を身につけこれからの社会で活躍していきましょう!

かなり以前も「パソコンできたらいいな〜」レベルのモチベーションでパソコン教室に通いました。

ところが講師に何度も聞いていると講師も「また〜」みたいな言葉じりになったり、できない自分に劣等感を感じてすぐに辞めてしまいました。

しかし、デジタル化の時代に経営者がパソコン苦手〜なんていえないので、またどうしてもやらなければならないこともあり、夜間通う事にしました。

ユーチューブでも覚えられるよって言われ、チャレンジしましたがユーチューブでは質問ができないし、私の覚えたいことピンポイントで短時間で効率よく覚えたいのです。

とにかく時間がないので習得時間を短縮したい、やりたいことをやれるようになりたい!

と、ゆうことで当たり前ですが有料で教室に通う事にしました。

コロナ対策もしっかりされていて何より、パソコン教室って凄く進化しているのですね〜びっくりしました。

そして優しい女性が親切に教えてくれて、質問しやすくわかりやすく教えてもらえ、凄くうれしく感動しました。

自分だけではできなかった事がどんどんできるようになり、受講費用対効果の高さに気づかされました!

技術、知識って一生物なんですよね!

私のこのリフォーマー養成講座も受講生さんの質問、そして技術提供も一生懸命やっているつもりですが、改めて教える事の大切さ、難しさ、そしてやり甲斐を感じました。

一生涯、活用できる、稼げる技術、を身につけてもらえるようにがんばりたいと思いました。

時々、受講生さんから感謝のメールを頂きます。本当にやってよかった!

と、思っています。一生懸命、受講して下さる受講生さんたちにも感謝の気持ちでいっぱいです。

パソコン教室で受講生になり、改めて「教える」事の大切さ、素晴らしさに気づかされました!

パソコン、この機会にめちゃめちゃできるようになってデジタル社会についていけるようになりたいと思います。

ブログやSNS、ZOOMオンラインたくさんやってるから高柳さんネットできるんですね〜なんてフェイクニュースが業界に広まっているようですが実は私、ネット音痴なんです〜😭

ご一緒にネットもがんばりましょう😉

衣類のリペアアカデミーに受講された主婦の方から申込書と一緒にお手紙を頂きました。(今回の内容はご本人に許可を頂き匿名で書かせて頂きます。なぜなら凄く大事な真実がこのあとに含まれているからです。)

このお手紙を頂き、責任の重さとやり甲斐を感じました。

ご本人と電話でお話してより詳しく知りました。お一人でお子様3人をこれから育てていかなければならない状況とのこと。

以前から好きだったミシン仕事で生計を立てていきたいとのこと。

はじめ内職で小物の縫製の仕事をしました。ところがどんなにがんばってもとても生活できるレベルまでいかない!

【縫製の内職は賃金が安いのです!】

なぜなら技術はいらない、ミシンさえ縫えれば誰でもその日からできる単純作業で頭を使わない、労働力提供だけの仕事。誰でもできる仕事は賃金が安いのです。しかも、何年やってもキャリアアップできない。

もちろんそれでも家庭で内職で稼げるだけで家計の足しになるからありがたいという人には大変よい仕事だと思います。

しかしこの仕事だけで家計をやりくりするのは今の時代では困難だと言わざるおえません。

当社の内職さんが昔、縫製の仕事を毎日休みなくがんばっても月に5万円くらいの工賃にしかならなかった、しかし当社の内職をしたら同じ仕事時間で10万円以上稼げるようになった!と、言われたこと事があります。

実は縫製とリフォームは似てますが全く違う仕事なのです。

縫製は言われたとおりミシンを走らて縫うだけ。

リフォームは一点一点違う品物を解いて頭を使って、寸法直ししたり、破れをまた着用できるように工夫して修理したり、実はクリエイティブな仕事なのです。

技術力が必要になる!これが内職工賃の高い理由です。本当に技術力がありベテランの職人さんはパートにいくよりも効率よく稼ぎます。

今の御時世、AIが人の仕事をどんどんこなし、人の仕事がこれからますます減ってくるといわれています。

さらに不況!淘汰の時代…

生き残っていけるのでしょうか?

深刻な話ですみません。

でも間違いなくそのような時代になってくると思います。

では生き残っていくためには誰でもはできない仕事!人々に喜ばれる仕事!

やり甲斐と努力すれば実益(収入)をしっかり得られる仕事を選択するべきだと思います。

その中の二つが【衣類のリペア技術】【靴鞄のメンテナンス技術】です。

そのためにこのレッツリフォームアカデミーリフォーマー養成講座はこれからもこのようなミシン好き、洋裁好きまたは靴鞄のメンテナンスが好き!

一生涯稼げる技術を身につけたい!

方には最適だと思います。

AIには絶対できない、不況に強い、なくなることはありえない!リスペクトされる!貴重な価値ある仕事になると思います。

最後にこの主婦の方の教材提出の資料です。(本人の許可を得て投稿)

凄い努力と気迫を感じました。

リフォーマー認定試験はなんと99点!

お見事でした。この努力と才能を開花してもらえるよう今後もサポートさせて頂きます。ご一緒にがんばりましょう!

やればやるほど、新しい技術やコツ、そして要領がわかり、早くできるようになりますよね!
これはものすごく大変な技術です。【合成皮革復元】(注)(できないものも多々あり)この方法は世界初の技術でしょう!
ちなみに両袖で15000円!
靴鞄リフォーマーコースで教えています。
チャレンジ→キャリアを積む!
以外に技術を身につけることはできないと思います。

ではチャレンジですが・・・・

練習?でこんなもの絶対ヤル気になれない!

お客様に依頼され初めて、「やってみようかな?」
と、ヤル気のエンジンがかかります。

そのためには【見切り発車】で宣伝し仕事を集める!しかないと思います。

お客様のもので練習?ってありえないと思われるかもしれませんが、練習だと思ってやりませんから😅理論的にはできるはず!
ぶっつけ本番です。

宣伝→チャレンジ→キャリア積む!

なんですよね。

キャリアなしで宣伝が怖い!!

だからいつまでたっても上手くなれないし、受注がなければモチベーションも下がり、やる気もいつの間にかなくなってしまう。

このパターンにハマる人が9割以上だと思います。

すなわち宣伝(販促強化)が技術力アップには欠かせない!

キャリア積めば自信がつき有力なメニューを作ることができる!

だからレッツは販促にこだわります。

と、いうことでレッツ絶対に成功する販促オンラインセミナーのご案内です。

11/29(日)昼10〜12時

11/30(月)夜20〜22時

販促効率を上げたい方、モチベーションアップさせたい方、ご参加ください。

受講費無料、時間厳守(遅刻は入室不可)冷やかし&探りNG

メッセンジャーで私まで直接お申込みください。

販促に頭や時間や労力をなるべくかけている暇がない方にベストな販促はやはりトリプルクロスメディア販促だと思います。

本気の方のお申込をお待ちしています。