クリーニング店経営者様 50歳代 男性

『クリーニング店を経営しております。私の実体験をお話しさせて頂きます。予々、従来のメニューの他に新サービスの提供、付加価値品や新たなメニューの必要性を感じておりました。そんな時に高柳先生のレッツ講習会を知り、妻と2人で参加させて頂いたのが始まりでした。その後、家内はアカデミーを受講しました。以前は自己防衛の為に検品を行なっていた受付が受講をきっかけに、お客様本意の真心検品に代わりました。と共に、お断りしていた、仕事に繋がらなかった品物が利益に繋がっていく、お客様に大変喜んで頂いている、正に宝の山になっていきました。そんな状況を刺激に私も靴鞄のアカデミーに挑戦します。アカデミーは与えられた課題を決められた期間内までにやり遂げ認定試験を受けるというものでした。普段の仕事をしながらですので、最初は睡眠不足の連続でした。幸いに日を重ねるうちに、毎日見る技術動画が新鮮で衝撃的で時間を忘れるくらいに楽しく負担になりませんでした。そして期間の半分を過ぎる頃には、自分の靴、妻の靴、スタッフの靴と、動画を見ながら実際にやりながら技術を身につけていきました。フライング気味に店頭で販促も始めてしまいました。そして合格。高柳先生からお墨付きを頂き少しづつ品物も受注する様になってきました。ここからアカデミーの本質を知ります。私は靴、スニーカーの販促を大々的に始めます。すると、今まではどうしていたのだろうと思うくらい靴スニーカーが入荷します。目の前に並ぶ様々な種類の靴スニーカーにパニック状態です。しかしここでアカデミーです。リフォーマー協会のサイトの動画があるお陰で、品物を事例動画と照らし合わせ、使う資材や手順を確認して作業が出来るのです。サイト内には事例に応じた動画が100余、衣類のリフォーム事例まで入れると400余の動画がいつでもどこでも見る事ができます。そして私が最も心強いのが、様々なケースの品物が入荷してくる中、サイトへの質問・アドバイス、画像を添付しての指導等、高柳先生がリアルタイムで応じて下さり品物が仕上がるまでサポートして頂ける、アカデミー会員とそのやり取りを共有して自分のものにしていけるのです。そのほかに重要な販促を担うbefore afuterサイトとの連携、ZOOM を使ったセミナーなど積極的に参加しています。コロナの終息が見えない昨今、大手アパレル会社の不要な物は捨てるからリサイクルするへの転換、時代はまさに捨てるではなくリサイクル、着れるものはリペア・リフォームしてまた着る、サスティナブルな時代になっていきます。その様な時代、地域に必要な店を目指す、必要とされる技術だからこそアカデミーを通し日々鍛錬してお客様にサービスを提供出来るよう努めたいと考えています。』


山梨県 クリーニング店主 男性

お陰さまで忙しく仕事をしています。現在、残業中です。
来週から、学校も始まるので、家内も今週中の修理に追われています。
先程は僕もお手伝いでズボンファスナー修理を5点しました。
スライダーの取り替えなら一点5分もあれば十分ですよ!
腕あげましたよ〜 種まきのお陰で、ダウンが沢山出ています!
靴ブーツも毎日受付があります。先ほども閉店間際に、ロングブーツとショートブーツ、お財布をお持ち頂きました。
先生のお陰です😭昨年には見なかった工場の景色です🤗有難うございます。
やっぱり忙しいっていいですね😍幸せです。毎日楽しく仕事させて頂いています。本当に有難うございます。


大阪府クリーニング店経営30代女性

技術UPのため、今回思い切ってアカデミーの受講をしました。
届いたテキストやサイトの動画からは高柳先生の熱意と愛がそのままひしひしと伝わってきて、まずはそれに圧倒されました。
56日間期限のある課題をこなしていくのは大変ですが、ひとつひとつ動画を何度も見ながら、自分のものと見比べてできるので細かいところまで良く分かり、やはり習熟度が違います。
アカデミーのサイトでは受講生が自由に質問でき、先生から直接アドバイスもいただけますので心強いですし、活気もあります。とても勉強になりモチベーションも上がります。
これからの時代、消費はさらに冷え込み厳しい状況になっていくと思われます。しかし、それだからこそ手持ちのものを大事にする方々もきっと増えてくるはず。
そんな今、このアカデミーでリフォーマーの技術を学び、実践を重ねていけることは素晴らしいことだと思います。先生の最先端の技術から熱意、マインドまでしっかり学べます。何か感じられた人は受講を心よりお勧めいたします。


埼玉在住 洋裁士

先日の講習会の時はお世話になりました<(_ _)>
洋服を縫う事とリペアは全く別のものなので先生の講習会はとても勉強になります。
過去に何度か受講させていただいていますが毎回進化していてワクワクします(^^)/
講習会会場ではわかったつもりでいても、いざ自分で作業するときに、あれ?これでよかったかな?
と思うことがあってもアカデミーでは動画で何度も復習することができて、わからないことはここで質問できるのは安心ですね(^_-)-☆
最初は先ずは練習してから・・・と思っていましたが、お客様の修理品を承ることによって、本気度が全然違う事に気づき習得する気持ちも技術の向上も違ってきました。
一人で悩んで先に進めない事が多かったですが先生を通じてたくさんの仲間ができたことも私の財産になっています。
衣類がたくさん集まるクリーニング店さんは修理品の宝庫なのでとても羨ましいです。
イージーリペアはお客様に喜んで頂けるサービスなので皆さんも頑張ってください


長崎県在住 クリーニング店経営 50才代女性

クリーニングの受付で「虫くいの穴は修理できますか?」
とお客様のお訪ねに「出来ません。」と
お返しすれば売り上げもありません。何より、ガッカリして帰られるお客様に申し訳ない気持ちで一杯でした。そんな時レッツアカデミーに出会い今では虫くいも修理できるようになり、お客様にも喜んで頂いてます。


静岡県 クリーニング店主 40代 男性

「講習では一度しか見れなくてその時はわかったつもりでも、しばらくしてやろうとすると忘れている!
そんな時、動画があるとまた何度も見れてできるようになる!
さらに動画サイトは様々な裏技がたくさん見れて凄く勉強になります!
また困った時も相談できて助かります! 」


千葉県主婦30代女性

はじめまして
17年前に服飾専門学校を卒業しておりますが、それを活かすことが出来ずに現在に至ります。卒業してすぐに就職した縫製工場をお恥ずかしい事に3ヶ月で辞めてしまいました。 休日に会社の友達とデパートに遊びに行った時、その中の店舗にソーイングのアトリエをたまたま見かけ、当時そういう働き方にとても憧れていた私は、若気の至りと言いますか、お店の責任者の方らしき人がいらっしゃったので、勢いで「どうやったら、このような所で働けますか!?」と質問した事がありました。 すると、あからさまに爪先から頭のてっぺんまでを舐めるように冷たい眼差しで見られ「専門学校を卒業した様な子はまず無理ね!!」とピシャリと言われてしまいました。「ここにいる子達はみんな、縫い物が好きで好きでたまらなくて、やっている子たちばかりなの!」と… 奥で働いている女の子達を見ると、自分と同い年位のみんな素朴そうな子たちばかりでした。 私は、言われた事に物凄いショックを受けてしまいました。好きで好きで…とまでは行かないかもしれないけれど、私だって縫い物が好きだったから専門学校に通う事を決め、卒業しました。でも、あの子達といったい何が違うの…?今までやって来たことは、無駄だったって事? デパートから会社の寮までの帰り道、友達とうつ向いて会話無く帰ってきました。ただ、話したことは「私、この会社、辞める!!」でした。かなり思い詰めていました。 そして、翌日、工場長に辞めたい旨の手紙を書き、退職してしまった、、、という経緯があります。 あなたバカなの?と思われるかもしれませんが、本当の話です。お恥ずかしいです。色々なことを中途半端にしてしまい、結果、自信が持てないままズルズル…と。
今まで全く関係ない職種で働いておりましたが、やっぱりいつか縫い物の仕事に携わりたいという思いは常に持っておりました。 でも、薄々感じておりましたが、簡単な服が作れても、ちょっとくらいミシンが踏めても、食べていけないんだ…と。私みたいに中途半端だと余計に。

それで少し前から、じゃあ、私がやれる事でお客さんに喜んで貰える仕事って何だろう…とネットで色々調べたりしていたら『洋服のリフォーム』というものがよく目に止まりました。 今までも、簡単な裾あげ等は頼まれて、やった事は何度かありますが、洋裁でも知らないことだらけなのに、服のリフォームって本当に知らない事だらけで、どうやって習得するの?からスタートでした。教えて頂ける場所もなかなかなさそうでしたし…(汗)そこでたどり着いたのが、高柳先生の通信講座でした。 『えーー!!通信で教えて頂けるんだ!!』と嬉しくなりました。 分からない所はFBで何度でも質問が出来るという事で、迷わず申し込みさせて頂きました。


匿名希望

『私は小さい頃から手作りが好きでした。でも、祖父母がプレスを、親戚も縫製関係でしたがみんな仕事が中国にとられていってしまいました。そのころ今のようにハンドメイドが流行りでなく、私も中学、高校になると手作りのものをもつのも恥ずかしくなり、やらなくなりました。高校は近くにあった家政科にいきたいと思っていましたが、私の年からなくなってしまいました。私はおしゃれでも個性的でもなく、ただ手作りが好きというだけでしたので、ファッション科にいくのは恥ずかしいという思いと、母子家庭ですので親に負担がかけられないという思いから商業高校にいきました。それから10年フリーターでいろんな仕事をし、あるとき近くのお直しの店の募集をみて(◯◯のリフォーム)1ヶ月研修を受けました。しかしいざ入ってみると暇なときはベテランさんだけが残り、あとの人は帰ってくださいといった感じで、生活費を稼ぐには安定しまいませんでした。それでやめてしまいましたが諦めきれず、また他のお直しにはいりました。(◯◯◯工房)そこでは主のようなパートの人がひとりいて主にシフトにはいっており、もう一人短時間のパートの人と私で残りの時間入るといった感じでした。基本一人体制でした。店長は靴しか直せず、週に一回くるだけでした。そこでは受けた品は受けた人が直さなければならないルールで、できないものは断れ、といわれていました。でも私は勉強したかったので、他の人のシフトのときに行って教えてもらったり、なんとか元の形にもどすようにやったりしていました。本部に研修にいったりもしました。でも生活のためリサイクルショップと掛け持ちしていました。一年たってなんだかんだ慣れてきたころ、もともと仲が悪かった店長と本部がとうとうけんかになり?閉店になってしまいました。店長は60代だったので、私にいつかこの店をくれると約束してくれていました。それで、悪かったなといってミシンを全部くれました。工業直線ミシン、ルイス、厚物ミシン、家庭用三本糸ロック、ナオモトのアイロンです。今はアパートに住んでいるので祖母の家においてあります。その頃結婚し、また別のお直し(リフォーム◯◯◯◯◯)にはいりました。しかし3ヶ月で妊娠してしまい、つわりがひどかったため、やめなければならなくなりました。やっと見つけた天職だと思ったのにとても残念でした。これからどうしようかと色々考えてきました。ハンドメイドマーケットで作った子供服なんかを売るのもやってみました。こどもが幼稚園にはいったら、リフォーム◯◯◯◯◯に戻れるかきいてみましたが、幼稚園ではよく病気をもらってきますから、それで休まれるのは困るとのことでした。 つぶれたあーる工房のあった辺りにはお直しのお店がありません。閉店するときも、お客様がどこへいったらいいの?と困ってみえましただからその辺りで出店したいと考えています。 そこはまぁまぁ街です。あーる工房はピアゴの中にありました。今度はそういう大きなスーパーの中に出すのは難しいと思います。休みもとれないですし…私ひとりでできないことは、あーる工房にいたパートさんがもう65過ぎで働いていないのでたまにならきてくれるといってくれています。…こどもが幼稚園に入ったらとりあえずそのパートさんに一枚縫いを習おうと考えています。一枚縫いをだしてくれるところもなんとかありそうですので。それでひとりで縫えるようになったら、リフォーム店もできるのかな?と今は考えています。