今、これからの日本の経済が良くなっていくと思われている人は少ないのではないでしょうか?

多くの有識者の話を聞いたり、読んだりしていますが

少子高齢化、増税、政治の問題 つまり 国力が低下している危機的な状態だ。などなど

しかし私は最も大きな原因を感じています。

今の社会で大変 言いにくいことではありますが・・・

誰も論じていないし、本当に日本経済が良くなってもらわないとこの先が本当にやばいと思いますから忖度なしで書かせていただきます。

【丁稚奉公 システムがなくなったから】

丁稚奉公(でっちぼうこう)なんて今の若い人たちは知らないかもしれません。

「若い人たちまたは仕事がまだできない人たちが 商人や職人のもとで仕事や技術を教えてもらう、 給料などはなしで 一定の期間奉公することです。」

今こんなことをやっていたら 社会的に問題になりますよね。

しかし私の祖父、父も洋服の仕立ての技術を教えてもらうために中学を卒業したら地元を離れ教えてくださる職人の家に住まわせてもらい、食べさせてもらうだけで給料はなしで働きながら仕事を教えてもらい3〜5年間くらいの丁稚奉公をしたのです。

これは洋服仕立業界だけでなく ほとんどの業界で行われていた人材育成システムでした。

30年前に家業をついた私もそれが当然だと思っていたので バブル後半期でありましたがほとんど お小遣い程度で仕事をし必死に先輩職人さんたちに仕事を教えてもらっていました。

仕事もできないのに給料をもらうこと自体に抵抗がありました。それは 祖父や父の話を聞いていたためだけでなく、社長になって会社の経営を考えたら当然だと思いそのようにしていました。

この丁稚奉公システムが社会的に認められていてこのようにハングリー精神を持った人たちがたくさんいて日本経済を押し上げていました。

戦後その貪欲な技術習得意識と努力から多くのイノベーションが生まれ日本は経済大国になれたのだと思います。

しかし今では最近特に働き方改革という名のもとに ほとんど仕事ができない技術がない しかも大してやる気もない人たちにもいきなり先輩技術者たちに匹敵する給料を払わないといけない 法律が出来ました。さらに週休2〜3日が多くなり、有給(休んでもお金がもらえるシステム)も法律化されました。さらに会社が赤字でも正社員なら社会保険料も負担し、賞与もあるべきという理不尽。

どんどん労働過保護になり経営は圧迫され重大な問題が発生しています。それが!

【人材育成 後継者育成 技術開発 ができない】

人材育成にはそれに携わるベテラン技術者の人件費を費やすだけでなくその技術者が発揮すべき生産性利益を失い、その教えてもらう新人に給料を払い、生産性を生じない時間を大量に費やしてしまう。それなのに仕事がきつかったり人間関係の問題で離職してしまう人たちが多くなっています。人材育成のリスクがあまりにも高くなっていると思います。

日本の8割以上は中小零細企業その6割以上が赤字経営

これでは とても人材育成などできない、大企業においてもまともにできない。

だから日本の技術力はどんどん低下し 世界に追い越され経済は衰退していく。

イノベーションとは 基礎的な技術とキャリアの上に血の滲むような努力を積み重ね 生まれてくるのだと思います。

もうその環境、人材は日本では育たないと思います、だから今後の日本経済は絶対に良くならない さらに衰退すると思います。

これは少子高齢化が進む社会において深刻かつ由々しきことだと思います。

しかしこれを打破していく方法があります。

大変 言いにくいことであり、叱られるかもしれませんが

丁稚奉公 システムを復活させることです!なんて不可能ですから

学校のような有料の人材教育システム 業界ごと どんどん作っていくことだと思います。

大変失礼ですが 中学や高校もちろん大学 この多くの時間とお金を費やした学びは人生において 費用対効果があったとは思えません、見渡しても思えません。

部活というスポーツに没頭するのも人生において良いことだと思いますがそれは日本が経済成長中、 安泰な時ならです。

明らかに下り坂であり どんどん 厳しくなる環境で余暇に時間とお金を費やしている余裕はないと思います。

昔とは全く違った日本の環境であることを認識しこれから 自分の価値、生産性を高めていくために何が社会的貢献につながるのか、そしてそのためにどんな学びをしていったらよいのか真剣に考え 答えを見つけたらそれに対して全部の時間とお金と努力を費やす、方向性が間違っていたらすぐ修正しまた継続する。

この職業につきたい、やりたいと決め込むことは激変する社会において危険です、常に何が 社会的貢献につながるのか、それが自身の収入 所得につながるか?

自分の生活が安定向上しない限り社会を良くしていくなんてことはできない。

もちろん全ての人が健康に働けるなんてことはない、だからこそ健常者はそのような人たちを支えていくため自分自身を高めていかなければならないと思います。

今の日本経済 環境には人材育成システムが必要です。

無駄な学校に時間とお金を費やすなら将来 自分の夢を叶えられる学校に費やし努力していくことが 日本経済復活の鍵だと思います。

レッツリフォームアカデミー リフォーマー養成講座はそのための一助となるように運営しています。

日本経済はこれからさらに急降下していく!

それを緩やかに回復していく可能性があるのは 丁稚奉公に変わる人材育成システムの開発導入だと思います。

日本が健全に幸せな国であり続けますように。

「あれ?これって・・・・こんなところに傷なんてなかったわよ、おかしいわ〜お気に入りだったのに…おたくで傷けられたんじゃないですか〜?」

と言われたらあなたはどうされますか?

毅然とした態度で

「お客様 当方では そのような傷をつけることはありません!お客様の勘違いではありませんか?」

と言ったらどんな展開になるでしょうか?

自分の大切なものに傷をつけられ責任を押し付けられたと思ったら感情的になられてしまうかもしれません

いきなり逆上し「弁償しなさい?」と、なってしまうかもしれません。

クレーム対応 心得その5(クレーム解決法)

【相手の意見や考えをシェアしそして 段階を追って 落としどころを探る】です

シェアと言っても同意することではありません。同じ目線で 同情することです。

お客様 すみません、大切にされていた 〇〇〇〇に傷がついていたのですね お気持ちお察しいたします。

しかし当方の作業の工程上 このような傷をつけてしまうことはないと思います、運搬にも気をつけておりますので やはりその可能性はないと思います。

交渉 その1

しかし 当方も気付かず申し訳ありませんでした。今回の料金は無料サービスとさせていただきますのでそれで ご了承いただけないでしょうか?

それで一件落着すれば良いのですが・・・ダメなら

交渉 その2

では できる限り 高度な技術ででこの傷をできる限り修理して目立たなくさせていただきます。もちろん無料でさせていただきますのでそれで ご了承のほどよろしくお願いいたします。

これでもダメなら・・・・

交渉 その3

お客様申し訳ありません、ここでのお話合いはこれ以上 難しそうですから消費者センターへご相談いただけないでしょうか?当方は先方(消費者センター)の連絡を待ちその指導に 誠心誠意対応させていただきます。

本日のところはこれにてお引取りいただけないでしょうか、、、

これは一例ですが このように交渉は 3段階ぐらいに分けて事前に決めておくことが大事です。

クレーム対応心得その1から今回のその5までいかがでしたでしょうか?

全てできたら あなたはクレーム処理の達人です。

是非ご参考にしてください!

次回はこのブログで以前も書いていますが「天才になる方法」について書きます。

ご期待してしばしお待ちください。

クレーム対応 心得 その5

【相手の意見や考えをシェアしそして 段階を追って 落としどころを探る】




クレーム って聞くだけで嫌な気持ちになってしまう人は間違いなく トラウマを抱えています。

トラウマとは「心的外傷」のことですね。

起こってもいないことに対して心が反応してしまうのは過去の経験で心が傷つき 癒えていないから反応してしまうのです。

では今から あなたの心をチェックします。次の言葉を聞いて心がどのように動き 感じたか心をチェックしてください。

【クレーム】

【クレーマー】

【事故】

【事件】

この言葉を聞いただけでなぜ心がそんなに反応してしまうのですか?

実は私 過去に スピリチャルにはまった時期が結構長くありまして 過去のトラウマやカルマ(業)がヒーリング(癒し)されなければ幸せになれないと言われ様々なことを試しました。

しかし癒してもまた生じ癒してもまた生じ、繰り返し一体いつになったら幸せになれるんだろうと思っていました。

ここで私が悟ったことです。

クレーム対応 心得 その4

【光でトラウマは消える】です。

トラウマを抱えていない人はほとんどいないでしょう。

なのに人の行動や成果、幸せ感にこんなに大差が生まれるのはなぜでしょう?

自称 幸せでない人は間違いなく 例外なく 意識が過去に向いています。

幸せそうな人、実際にどんどん成果を出している人は今と前しか向いていない。今と前にはそこにトラウマはないのです。

だから クレームやトラブルにも明るく前向きに対応していけます。

過去に意識やいってしまうと見えない急ブレーキがかかるのです。

光とは希望、 夢、 目標などです。

スピリチュアル的に言うと光は闇を消し去る!

闇は光に勝てない!

成功者がよく夢や目標を持ちましょうと言われますが これが深い意味だと思います。

例えていうと「私はこの仕事で必ず成功する!そして家族や仲間を幸せにする!」という夢を持っていたら

仕事でクレームがやトラブルが起こっても「よし!」と、前向きに全力で対応でき それは成功のための糧となります。 トラウマで萎縮してめげてしまうことがなくなるのです。

前回のその1、2、3そして今回のその4が分かればあなたは必ずどんなクレームにもトラブルにも前向きに全力で対応していけるようになるでしょう。

次回は その後、相手を諭す テクニック編です。

是非ご覧ください。

クレーム対応心得 その4

【光がトラウマを消し去る!】

あなたはクレームを受けた時 ガッツポーズできますか?

前回のその1 その2は 理解いただけましたか?何事も順序がありますから整った方限定で今回はいよいよその3を伝授します。

クレームを受けてこの先どうなってしまうのだろう。恐ろしいことを連想してしまいがちです。

だから先に結末を知っておきます。

クレーム対応心得その3     【結末は成功か成長しかない

結末は2つしかない!

お客様が納得して頂ける対応ができうまくクレーム処理できた、成功ですね。

こじれて困難なことになったら自分の人生の成長のための試練の機会だと心得ることです。

人格者は多くの試練を乗り越え 人格者になられています。

クレームを処理していける人は間違いなく人格者です。

クレームはこのための絶好の機会です。

心の中でガッツポーズできるぐらいに前向きになれたら クレームはたやすく処理していていけると思います。

次回はそうはいってもクレームは嫌だという人のためにその4を伝授します。ご期待ください。

あなたはクレームって聞いて ガッツポーズできますか?

【結末は成功か成長、2つしかない!】

「何これ?これがプロの仕事って言えるの!これ 高く買って 気に入っていたのに もうこれでは使えないから弁償しなさい?」

ってクレームを言われたら あなたはどうしますか?

その1 その2のノウハウを駆使して対応してみましょう。

まずはその1【クレームはあってあたりまえ】と自覚していたから 冷静に「きましたか!」と受け止められますよね。

次に その2【第二の矢に射たれない】これ 誤解が多いところなので詳しく説明します。

撃たれないようにガードするではだめです。必ず 刺されていますから。

毅然とした対応でする!これもよく言われていますが刺されています!

忍耐強く 精神強く これもダメです!

必ず見えないダメージを受けてしまっています。

すると相手に対して怒りや憎しみ 恐怖など マイナスの感情を抱いてしまいます。

どんな悪質クレーマーに対しても、ひどい言葉で罵られても平常心でいられるために 第2の矢に打たれないと意識していなければならないのです。よくわからない人は前回のブログと動画 そして今回の内容そして 動画もご覧ください。

こちらが 精神的ダメージを受けていなければその起った事柄に対して冷静に判断し対応していけます。

次回はその3です。ご期待ください。

これはひどい?弁償しなさい!

クレーム対応1、2を駆使して対応してください。

前回のその位置はいかがでしたか?自宅はできましたか?

今回は その2 です

「第2の矢に射たれない」

クレームはあって当たり前と自覚していても実際に相手からひどい態度や言葉を浴びせられたらやはり精神的にダメージを受けてしまいます。

もし受けた方がクレーム解決の効果が上がるなら率先して受けた方が良いかもしれません。

しかし受ければ受けるほど感情的になり こじれたり逆ギレしてしまったり 後々まで トラウマ(心的外傷)を抱えてしまうこともあります。

第2の矢とはクレームから発射される矢のことです。

第1の矢とは起ったこと単なる事柄です。

しかしそこから相手が 第2の矢をはなってきます。

無防備にしているとこの矢にうたれて精神的ダメージを受けてしまいます。

しかし 気をつけようと思っていても具体的に何をどのようにしていいかわからないですよね。

これを具現化します、具現化とは考えや現象のような抽象的なものを実際に形やものに表すことです。

はなたれてくる得体の知れないものを 第2の矢として イメージで見る!

そして「私はよけます」と、心の中でつぶやき(イメージでもよいです)

実際によけるイメージをします。

無防備にしていると第2、第3の矢に次々、うたれ立ち直るのが困難なほどにダメージを受けてしまいます。

だから今の方法をやってみてください。

そんなバカなと思われるかもしれませんが真面目にやったら必ずできます。びっくりするぐらい穏やかにクレーム対応していくことができるでしょう。

是非 習得してください!

次回はその3の前に

その1と今回のその2の実践編として具体的に説明させていただきます。

今回から5回に分けてクレームに対する重要なノウハウを公開します。

これは多くのクレーム対応処理をしてきた レッツリフォームが編み出した重要なノウハウです。

しっかり読んで、動画もありますから観て習得してください。

まずは 前置きです。

どんな仕事でもクレームってありますよね、クレームが嫌で仕事が嫌いになってしまったり 人間不信になってしまったり 心が病んでしまった人をたくさん見てきました。

そこまでなくとも新しいことにチャレンジ できない人は失敗を恐れていると同時にクレームを恐れて安心安全なことしかできなくなってしまいます。

これって仕事において致命的なことであり人生においても大損していることだと思います。

今回はその1

【クレームはあって当たり前と自覚する

クレームがないように気をつけることは大事だと思いますが不特定多数の人はそれぞれ個性も価値観も違う 、また心が疲れている人も病んでいる人も必ずいます。

だから クレームはあって当たり前、ない方がおかしいという気持ちでいることです。

あってはいけないと思っているとクレームが起った時、恐怖を感じ 精神的ダメージを受けてしまいます。起こっていない時でさえ ビクビクしてお客様に警戒心を抱いてしまいます。

クレームはあって当たり前!と、思っていたら実際に起こっても平常心で対応できるようになります。

このことを自覚しておくことがまずはとても大切な第一歩だと思います。

次回は その2 です。

クレーム対応 その1

【クレームはあって当たり前、と自覚する】

tiktok を始めて4ヶ月が経ちました、たった4ヶ月ですが 多くの経験と成長させていただいたと思います。

今まで色々な販促方法、SNS もやってきましたが このtiktok は別格ですね、もちろん ノウハウを持ってうまくやればの話ですが

内容がよければバズリ、拡散する威力は他の SNS、販促方法とは次元が違いすぎます。

tiktok については 様々なご意見、論争もありますが全く リスクなく安全に行えております。

リスクや効果を感じれなくなったらやめればいいだけの話です。

ショート動画の時代は間違いなくきています。そして AI の進化で誰でも簡単(学べば)に作れてしまう。

今まで プロでしかできなかったことが短時間に無料でできてしまう凄さ!そして反応がよければオートマチックでしかもターゲットを選んで拡散してくれる!

やってみて気づきましたがこれを ビジネスに取り入れないのはあまりにももったいないと思います。

レッツへの問い合わせも 実際の売り上げも 当然 アップしています。

販促コストはほぼ0円!!

時間はもちろんかかりますがその時間は楽しくて仕方ありません、趣味が tiktok 投稿になってしまいました?

たくさんの学びや気づきが毎日あります。

業界のより多くの人に早く気づいていただいて 早くやっていただきたいと思います。

メンテナンス業界はもっと社会に認知され 活躍していかなければならないから!

実際の事例ですが

【クリーニング事故の理由】という動画でまずは YouTube の再生回数をご覧ください。(投稿後 4日間で50回 再生)

次にティックトックをご覧下さい。

(投稿後 4日間で188400回再生)

あまりにも違いすぎる!これはtiktok の仕組みに原因があります。

これから先どうなるか分かりませんが 今は ティックトックが最も 費用対効果が高い 販促方法だと思います。そしてここで努力する キャリアは必ず今後の販促技術力をつけることになります。

うまくいかない人はそのもの自体がよくないと判断してしまう傾向がありますがそれは往々にして やり方が分かっていない、まずかったということが多いです。

うまくいかないのには必ず原因があります、そこをうまくいっている人から学ぶ!それが最も近道だと思いませんか?

何事もそうですね

▶▶▶レッツのtiktok お楽しみください!

衣類が家庭でどんどん洗えるようになってきた!次は最も汚れている靴も家庭で洗いたい!

これは自然な流れだと思います。

今ネット上で靴の洗いやメンテナンスの洗剤や様々なグッズが販売され好調な売れ行きです。

現在衣類の洗いの大半は家庭洗濯になりました。

なぜそうなったかというと当たり前ですがその流れを作った人たちがいたからです。

それはプロのクリーニング屋さんではありませんでした。

当然、自分たちの需要を家庭で洗えるとサポートするのはありえないことだったと思います。

しかしスルーしている間にどんどん家庭で洗う習慣ができていってしまいました。

ポイントは【ネット】で知識を得ることができたから!

そして【自己責任】のリテラシーが高まったからだと思います。

今度の家庭靴洗いも同じことが起きようとしています。

気がついたらまだ一部だと思いますが靴も家庭で洗うことが主流となりつつあります。

メンテナンス業界は今度はスルーしているのではなく積極的に関わりプロのアドバイスをしながら家庭で安全に洗える資材販売をされ利益を得たら良いと思います。

もちろんその資材ではできない本格的な技術を要する洗いはプロに任せていただき簡単に日頃メンテナンスするためのグッズは販売のサポートをしていく。

お客様もネットやホームセンターでよく分からずに買ってチャレンジするよりプロからアドバイスをいただきながら買った方がもちろん良いに決まっています。

しかしメンテナンス業者はそのリスクを知っているがゆえに一般消費者にお勧めしにくい、何かあったら責任を取らなければいけないと思い躊躇されています。

しかしよく考えていただきたい、他の様々な洗剤など購入しそれが洗ってもきれいにならなかったり縮んだり伸びたりトラブルが起こってもメーカーに苦情を言ったりしないと思います。

仮にしても自己責任ということが常識になっています。

もちろん稀にはそのようなクレームがあるかもしれません。

しかしプロはそのお客様のトラブルを解決する力があります。

ですからプロが専門知識そしてサポートを持って販売することが理想だと思います。

次にくる問題が販売力がない!

これはこれからの時代に本業に対しても致命的な問題です。

努力すれば販売力はつけて行くことができます。現在は SNS や様々なツールがありますがやはり店舗を持っている方は有利ですね。

リアルなコミュニケーションが取れるからです。

そしてこれから様々なメンテナンスグッズがどんどん家庭用で出てくるでしょう、それは需要があるから!

今回の家庭靴洗いもメンテナンス業界が関わらなくても普及していくでしょう。

しかし消費者のためを思ったらプロが積極的に関わって普及させた方が良いはずです。

家庭でできるものは家庭で、出来ないものはプロにお任せいただく!

これがベストだ流れだと思います。

メンテナンス業界は気づいていただけるでしょうか?

業界新聞でも啓蒙させて頂きました!
靴洗い、メンテナンス資材

前回の家庭洗濯のウソに続き、

前々から書きたかったテーラーさん(紳士服仕立屋さん)が昔から言っている「スーツはクリーニングにださない方がよい」を否定させて頂きます。

私の祖父も父もテーラーで、テーラーの関係者がたくさんいました。でもそれは30年以上前の話!

戦後大繁盛した業界も50年位で衰退し、今ではほとんどなくなってしまいました。10分の1以下に淘汰された業界です。(度々ブログで書いてますからここは略します。)

テーラーさんの言い分によりますと「ドライクリーニングにだすとウールの油分が抜けてスーツがパサパサ、ツヤがなくなり、型も崩れるからださない方がよい!」と、私も何度も聞いてきました。

素直にそうなんだ~と思って私もスーツは出していませんでした。

ところで洋服直し屋として毎日スーツを扱いはじめて気づいた事があります。

明らかにクリーニングに出していないスーツはわかるのです。

汚れやシミの他に「ほこりっぽい臭いがする!」

この理由は後にクリーニング業界の講習会や関連本を読んでわかりました。

空気中には油分が気化して漂っているホコリがこの油分と一緒に服にくっつくとなかなかとれない、さらに服の繊維は空気のフィルターのようになりますからそれがどんどん中にも入り込み、テーラーが推奨するブラッシングだけではとれなくなり溜まってしまうのです。ではウールの油分は?稀にしか着用しないスーツならよいかもしれませんが毎日のように着るスーツがそのような外的、ホコリや汚れや油分がついて、ウール、本来の油分の良さをキープできるはずがないでしょう。

しかし!

テーラーさん側にも賛同できる事もあります!

昔(30年以上前)のクリーニング屋さんの中には確かにドライクリーニングに出すとスーツがダメになって返ってくることも多かったです。

私も10件以上のクリーニング屋さんに出してきたからわかります。

仕上がりに差があるのです。

酷いところは出したら逆に臭くなって返ってきた(ドライ臭ではなく残留脂肪酸(汚れ))、布地がパサパサ、ツヤがなくなって返ってきた(仕上げ剤不足またはなし)、形が崩れて返ってきた(仕上げ技術不足)

今ではこのようなクリーニング屋さんはなくなったと思います。(?)

このような体験をされるテーラーさんが昔は多かったから

「スーツはクリーニングに出さない方がよい!」と、いわれていたのだと思います。

なんの商売でも大差があるようにクリーニング屋さんでも大差があります。

今ではスーツをより素晴らしく仕上げてくれる努力、勉強されているクリーニング屋さんの方が多いはず!(この中にも差はあると思います)

高級ウールスーツはそのようなところに依頼される方がよいと思います。最近の化繊入り、伸縮性あるようなスーツなら差はわからないと思いますが、よいクリーニング屋さんとお付き合いする事が大切な服をよいコンディションで長持ちさせる条件ですね!

サステナブル社会のためにこれから衣類の大量生産、廃棄の時代は終わります。

良い服、お気に入りの服を大切に長持ちさせるためには家庭洗濯、クリーニング屋さんを上手く使い分ける事が必要だと思います。

レッツリフォームはがんばっているクリーニング業界を応援しています。